Welcome to Mayfield

メイフィールドは英国風紅茶とお菓子・料理のお店です。 自由が丘の喧騒から離れた住宅街の一角、ハーフティンバー風の建物と英国家具に囲まれた イギリス家庭のリビングのような店内でくつろいでいただけます。

私どもは、数年イギリスに在住し、その自然、人々、そして紅茶・お菓子、料理に親しんで参りました。 そして、リタイアをきっかけに、イギリスの食文化を皆さまにご紹介しながら、英国文化の輪を広げて 行けたらとスタートしました。イギリスの家庭やティールーム、パブで出されるお菓子、料理を紅茶、 ビール/ワインと共に、又、午後のひとときをアフタヌーンティーでお楽しみ下さい。

 

営業日と定休日のお知らせ

 

アドレスが変わりました。www.mayfield-tani.com → www.mayfield-tea.com
オープン予定日:4月(9日〜21日) 、5月(7日〜19日)
定休日:月曜日、4/15、5/13
東京:03-5729-7228


 

今月のMENU

Lunch Time Menu (11:30~13:30)

¥1,000〜¥1,500

●月替り/ 魚貝類のクレープグラタン
                

●定番/英国風パイ
   (シェパードパイ、パスティ他)/p>

スープ/グリンピースのスープ

デザート/トーフのチーズケーキ抹茶味

Tea Time Menu (10:00~17:00)

・英国風ケーキ、スコン紅茶セット

¥900〜

・英国風パイとドリンク・セット

¥1.000〜

★アフタヌーンティ(2名様より 14:00~17:00)
(フィンガーサンドウィッチ、スコーン、ケーキ盛り合わせ)

¥1,900
・紅茶各種、ビール、ワイン ¥500

詳細はメニューページをご覧ください

 


 

ごきげんいかがですか

お花見はいかがでしたか。さくらは日本の花ですね。4月のアウティングは中国茶の竹内先生ご案内で、横浜中華街の中国茶や茶器を見て茶楼でティタイム。クラスにご出席でない方も大歓迎です。Mr.ケアリーは布の材質の英語名の由来について。英国おいしいもの巡りはスコットランドとイングランドの境界に伝わるそれぞれのケーキとサイドディッシュ。中国茶は緑茶を試飲。チーズのある食卓はフランスチーズの王様とも称されるブリ・ド・モー。春のサラダと一緒に楽しみましょう。又今月から始まる井関講師の新シリーズはカズオ・イシグロ原作の映画「日の名残り」を字幕に沿って進みます。新学期新しいことを始めませんか。5月スタートの和布を使った小物作り。手触りのよい昔の布を手にすると心も安らぎます。一針一針縫いましょう。


 

新商品

<えいこく屋のフルーツティ>
ティバッグ6P入 ¥300 / ティバッグ10P入 ¥300   
<ドイツ・メスマー社フルーツティ>
フルーツ・ミックス・ティバッグ(25P) ¥450 / レモン・ジンジャー・ティバッグ(20P) ¥450

 

 


4月5月 イベントのご案内

 


 


 

各クラスのご紹介します。
こちらからご覧ください。  

 

5月スタートの<和布で遊ぶ>ご紹介

アンティークの和布をカット
小花を作りまとめブローチにします

 

今月のインフォメーション

小金井公園:桜は6分咲き
玉川上水の橋の上で
バングラデシュ春の展示会:
カディコットンのブラウス・上着も充実しました
ダッカの女性職業センターの腕も上がりました

 

スクールインフォメーション

水彩クラスは日曜日午前中もやっています
西洋史雑学:
今回のサパーはスペインのパエジャとブロッコリーのサラダ
ピクルス3種とスパイス類 みんなで楽しく試食中
右:きゅうりのピクルス 卵のピクルス
前:カレーピクルス
金持ちのパンケーキ:
シンプルに粉砂糖とレモン

 

 

今月のスクールカレンダーをご覧ください

  

月々発行のメイフィールド通信

平光万理のウェブサイト
Maggies Hope

Craft Corner(クラフトコーナー)

<手作り作家><おすすめ商品>のオリジナル作品などについては、ギフトページをごらんください。