Welcome to Mayfield

メイフィールドは英国風紅茶とお菓子・料理のお店です。 自由が丘の喧騒から離れた住宅街の一角、ハーフティンバー風の建物と英国家具に囲まれた イギリス家庭のリビングのような店内でくつろいでいただけます。

私どもは、数年イギリスに在住し、その自然、人々、そして紅茶・お菓子、料理に親しんで参りました。 そして、リタイアをきっかけに、イギリスの食文化を皆さまにご紹介しながら、英国文化の輪を広げて 行けたらとスタートしました。イギリスの家庭やティールーム、パブで出されるお菓子、料理を紅茶、 ビール/ワインと共に、又、午後のひとときをアフタヌーンティーでお楽しみ下さい。

 

営業日と定休日のお知らせ

 

アドレスが変わりました。www.mayfield-tani.com → www.mayfield-tea.com
オープン予定日:5月(8日〜20日), 6月(5日〜17日 )
定休日:月曜日、5/14 , 6/11
東京:03-5729-7228


 

今月のMENU

Lunch Time Menu (11:30~13:30)

¥1,000〜¥1,500

●月替り/ブイヤベース
                

●定番/英国風パイ
   (シェパードパイ、パスティ他)/p>

サラダ/クスクス・サラダ(タブレ)

デザート/抹茶のとろとろパンナコッタ

Tea Time Menu (10:00~17:00)

・英国風ケーキ、スコン紅茶セット

¥900〜

・英国風パイとドリンク・セット

¥1.000〜

★アフタヌーンティ(2名様より 14:00~17:00)
(フィンガーサンドウィッチ、スコーン、ケーキ盛り合わせ)

¥1,900
・紅茶各種、ビール、ワイン ¥500

詳細はメニューページをご覧ください

 


 

ごきげんいかがですか

今年は季節の移り変わりが早く、初夏の花がもう咲いていますね。ふじ、つつじ、しゃくやく、ボタンなどもう咲いています。ゴールデンウィークはいかがですか。5月のお菓子クラスはシャーロックホームズの好物メイズ・オブ・オナー。これはエリザベス一世の父、ヘンリー八世の好物でもありました。今でもヘンリー8世のお城があったキューガーデンの近くにメイズ・オブ・オナーを売っている店があります。山内玲子講師はモリスの本のデザインについて。山内久明講師は漱石の英文学者から作家への軌跡。アウティングは横浜アメリカ山公園のバラや横浜開港時代の古い建物を巡ります。5月のおすすめ商品はバングラデシュの藍を使いバティック染めした大きめの絹、綿混紡のストールやラオスの草木染め(紬、柄織)ストール、朝夕の涼しい時や梅雨・夏にも重宝します。新しいお茶類やその他のものも入荷しました。ご覧下さい。5月のランチは地中海名物ブイヤベースとクスクスです。どうぞご賞味下さい。


5月6月 ご案内

2018年 5月「バラ園と横浜ハイカラ建築見学で訪ねる作陶展」

 

    
<初夏のギフト類>
<英国ティラーズ・オブ・ハロゲイト・ヨークシャーゴールド>     
<スコットランド・マッカイ社のジャム類:エリザベス女王賞受賞>     
<不思議の国のアリスのティ:ブレックファスト、アフタヌーンティ、アールグレイ>     
<えいこく屋 信州高原野菜のカレーレトルト ¥500>     
<えいこく屋 インド産 レンズ豆、ヒヨコ豆(特用)>     
<えいこく屋 有機紅茶:アールグレイ、ウバ、ダージリン、アッサム、フルーツティ>

 


 


2018年 5月「フラワー・フェアリー・3D刺しゅう」

英国で有名な「フラワーフェアリー」やデザインされたイニシャルなど立体的な手法と色づかいで刺しゅうします。世界的手芸家ダイ・ヴァン・ニーカークさんにより手染めされた糸や彼女のデザインは日本では唯一平光講師がディストリビューターになっています。

講師 : 平光万里 日時:5/15、6/5(火)14:00~16:00
会費:¥2,000 + 材料費(ある月のみ)

 


 


  
各クラスのご紹介します。
こちらからご覧ください。

 

今月のインフォメーション

銀座教文館
バージニア・リー・バートン展をみて
 
ミズノ・プリンティング・ミュージアムの水野館長さんと
横浜自然観察の森・
白いマルバウツギに囲まれて
雨もすぐ止みました 緑・緑・緑
青空も見える中ウグイス、小鳥のさえずりを満喫

 

 

今月のスクールインフォメーション

チーズのある食卓:
ピレネーの羊乳チーズとサラダ
オッソイラティには黒サクランボのジャムを添えて
物語に出てくるお菓子:アリスの糖蜜タルト オートミールのチョコバー
 

今月のスクールカレンダーをご覧ください

  

月々発行のメイフィールド通信

平光万理のウェブサイト
Maggies Hope

Craft Corner(クラフトコーナー)

<手作り作家><おすすめ商品>のオリジナル作品などについては、ギフトページをごらんください。