Welcome to Mayfield

メイフィールドは英国風紅茶とお菓子・料理のお店です。 自由が丘の喧騒から離れた住宅街の一角、ハーフティンバー風の建物と英国家具に囲まれた イギリス家庭のリビングのような店内でくつろいでいただけます。

私どもは、数年イギリスに在住し、その自然、人々、そして紅茶・お菓子、料理に親しんで参りました。 そして、リタイアをきっかけに、イギリスの食文化を皆さまにご紹介しながら、英国文化の輪を広げて 行けたらとスタートしました。イギリスの家庭やティールーム、パブで出されるお菓子、料理を紅茶、 ビール/ワインと共に、又、午後のひとときをアフタヌーンティーでお楽しみ下さい。

 

営業日と定休日のお知らせ

 

アドレスが変わりました。www.mayfield-tani.com → www.mayfield-tea.com
オープン予定日: 2月(5日〜17日) 、3月(5日〜17日)
定休日:月曜日、2/11、3/11
東京:03-5729-7228


 

今月のMENU

Lunch Time Menu (11:30~13:30)

¥1,000〜¥1,500

●月替り/プロヴァンス風 牛肉、野菜煮込みとクスクス
                

●定番/英国風パイ
   (シェパードパイ、パスティ他)/p>

スープ/ネギとポテトのスープ

デザート/ムース・オー・ショコラ

Tea Time Menu (10:00~17:00)

・英国風ケーキ、スコン紅茶セット

¥900〜

・英国風パイとドリンク・セット

¥1.000〜

★アフタヌーンティ(2名様より 14:00~17:00)
(フィンガーサンドウィッチ、スコーン、ケーキ盛り合わせ)

¥1,900
・紅茶各種、ビール、ワイン ¥500

詳細はメニューページをご覧ください

 


 

ごきげんいかがですか

春が待ち遠しい季節、木々の芽はしっかり春の準備中です。インフルエンザが流行ってます。皆さま気をつけて下さいね。1月の中国茶では青茶(烏龍茶)を飲み比べ、種類の多様なことや淹れ方で味も香りも異なることを体験しました。又1月末の七福神巡りは江戸最古のコースで目黒駅周辺の白金台、下目黒あたりのお寺を巡り今年の福、健康などお祈りしました。さて、MR.ケアリー2月は、英国の食文化について英国おいしいもの巡りはソーダブレッドと英国人に愛されるチャツネを作ります。3月はバングラデシュ春のバザー。手紡ぎ、手織のカディコットンで春の準備をして下さい。さて、ダウントンアビーのフィナーレが近づき、4月からはカズオ・イシグロ原作の映画日の名残りの字幕を忠実に追いながら原作にも触れます。又、古い和布を使いアクセサリーや小物作りのクラスも始まります。どうぞお楽しみに。


 

新商品

 

<英国ティラーズ・オブ・ハロゲイトの紅茶>
・ヨークシャーゴールド/茶葉250g¥1400、ティバッグ(40袋)¥900         
<チップトリー社> 250g入¥1500

 

 


2月3月 イベントのご案内

 


 


2019年 2月「フラワー・フェアリー・3D刺しゅう」

英国で有名な「フラワーフェアリー」やデザインされたイニシャルなど立体的な手法と色づかいで刺しゅうします。世界的手芸家ダイ・ヴァン・ニーカークさんにより手染めされた糸や彼女のデザインは日本では唯一平光講師がディストリビューターになっています。

講師 : 平光万里 日時:2/5、3/5(火)14:00~16:00
会費:¥2,000 + 材料費(ある月のみ)

 


 


  
各クラスのご紹介します。
こちらからご覧ください。

 

今月のインフォメーション

江戸最古の山手七福神巡り
白金の清正公からスタート
第6番目の大圓寺
第7番目の目黒不動(龍泉寺)よく歩きました

 

今月のスクールインフォメーション

製本工房:1月は絵本開きのノート作り
ホッと一息
チーズのある食卓:北イタリア、パルメジャーノ
レッジャーノとグラナ・バダーナ

 

パルメジャーノをすり下ろして
サラダはブロッコリーサラダ
パルメジャーノをすかち割ったもの
食べ方で味が違います

 

   
英国おいしいもの巡り:
マザーグースにも出てくるバンブリーのケーキ
洋なしに英国のブルーチーズ・
スティルトンを添えた前菜

 

 

今月のスクールカレンダーをご覧ください

  

月々発行のメイフィールド通信

平光万理のウェブサイト
Maggies Hope

Craft Corner(クラフトコーナー)

<手作り作家><おすすめ商品>のオリジナル作品などについては、ギフトページをごらんください。